抜歯ではなく治療してもらえた

久々の歯科医院

歯の痛みが強く、長く歯科医院を受診していなかったので多分抜歯をすることが必要だろうと思っていました。痛み出してからいつも受診をしているので、そんなことになるのです。もっと早く受診をしていたらこんなことにならないと、いつも後悔をしていました。早速受診をするとレントゲンを撮った結果、なんと抜歯ではなくそのまま治療をすることになったのです。抜歯を覚悟していたので、そのまま治療をすることができると聞いて、驚き喜びました。その後は、数日ごとに歯科に通院をして治療を済ますことができました。もしもそのまま抜歯をしていたら、その歯がなくなってしまいかみ合わせも違ってきます。残してくれたおかげで、なんとか貝合わせも問題なく行うことができています。

抜歯が保存か?

以前に通っていたところは、すぐに抜歯をしていました。そのため、今度も多分抜歯をされると思っていたのです。歯科医院により、その治療方法も変わるのだと本当に感じたことでした。その抜歯をしなかったところは、とても人気があります。完全予約制となっていて、緊急の人以外は予約時間を過ぎてしまうと、治療を受けることがむつかしくなります。しかしそれだけ、時間通りに治療を受けることができると人気です。私は二年前、ゴルゴ線が気になり友達の紹介してくれた大手の有名な美容クリニックに脚を運び、ヒアルロン酸注入を経験しました。かなり緊張していたのですが、あらかじめ電話で事情を詳しく話しておいたということもあり、カウンセリングも施術も当日にやってもらえました。目の下から頬の途中まで斜めに走るゴルゴ線が嫌で、何とか改善したかったです。20歳からあったのでどれぐらい老化が原因かは不明でしたが、18歳のときにはなかったので一応老化が原因かと思い、一年しか持たない施術にしてはかなり高い金額を払ったことを覚えています。

高額治療の温床

8万円以上はしたと思います。施術は至ってシンプルで、部分麻酔のための注射をして、その後にヒアルロン酸を同じように注射して行く、といった過程でした。麻酔のための注射も痛かったです。場所も場所なので注入時も痛くて涙が出てしまいました。終わった直後は顔が赤く腫れていて、頬の上の方に膨らみができている感じでした。ゴルゴ線は完全に消えてはいませんでしたが、薄くなっていたといった感じでした。予算の問題もあり量を増やすことはしませんでした。一週間ぐらいは激しい運動を控えましたし、数日間は熱い湯気に当たらないように言われたので湯舟には浸からずシャワーだけにしました。結局一ヶ月経った時点で、ヒアルロン酸注入をやったことを忘れるぐらいあまりゴルゴ線に変化を感じなくなりました。恐らく少しは薄くなったのだと思いますが、効果は薄かったのだと思います。しかも持って1年と言われたので、それにしては費用が高かったと感じました。恐らく次にやるとしたらヒアルロン酸注入より脂肪注入を希望すると思います。

PR|京都でニキビ治療ならおすすめの皮膚科マーケティング戦略ならデジタルを活用

クリニック集客ノウハウ病院ナビ病院ラボ病院の教科書クリニックナビクリニックラボクリニックの教科書病院ネット医療ナビ医療ラボ健康ナビ